<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

好きな人がいること 第7話

第7話



柴崎千秋(三浦翔平)の制止も聞かず、冬真(野村周平)は
夏向(山崎賢人)が本当の兄弟ではないと言い放った。
それは、今まで千秋が隠し続けて来た事実だった。しかし、
突然のことに夏向は信じられない。そばにいた櫻井美咲
(桐谷美玲)も唖然とするばかり。
すると、冬真は夏向の本当の妹だと西島愛海(大原櫻子)を
連れて来た。愛海は、実の兄、夏向を探していたと言う。
愛海の母、つまり夏向の本当の母親が重篤な病で苦しんでいて、
一刻も早く輸血が必要な治療をしたいらしい。しかし、母親は
珍しい血液型なので、血の繋がった夏向に輸血を頼みたかったのだ。
いきなりの事に、動揺を隠しきれず夏向は出て行ってしまう。
美咲は追いかけるが、かける言葉が見つからなかった。
柴崎家に戻った美咲は、冬真に夏向が心配ではないのかと
問いかける。だが、冬真は自分のせいでこんな事になったと
言いたいのかと怒ってしまう。美咲や千秋は、いつも夏向の味方で、
自分が本当の兄弟でない方が良かったのではないかと言い放ち、
冬真も家を出て行ってしまった。冬真とすれ違いに、夏向が
帰ってくるのだが…。
翌朝、美咲は夏向の部屋に食事を持って行く。ノックをするのだが
返事がない。美咲が部屋に入ると、そこに夏向の姿はなかった。
冬真も昨夜出て行ったきり。 美咲は千秋とともにレストランの
予約客にキャンセルの連絡。
千秋は、夏向を傷つけてしまったのではないかと自分を責めていた。





 謎としてひっぱってきた問題があっけなくきれいに解決。
 謎の少女だった妹もこれでおしまい?

 今さら自分だけ兄弟じゃなかったからといってひねくれる
 年でもないし、血がつながっていようがいまいが
 自分を本当の子のように接してくれた父と本当の兄弟のように
 扱ってくれてた兄がいるんだから。

 三男は父が本当の息子より夏向ばかり気にかけてたから
 すねたってこと??
 味覚障害?かと思わせてたあれは?
 父と夏向の思いを知って頑なだった心もほどけ
 さっそく兄から料理を習って兄弟も仲直り、
 お店の未来も安泰。
 (じゃあ飯豊まりえちゃん戻ってきてもいいのに)

 美咲は夏向のそばにいてあげたいと迎えにいくあたり
 もう千秋のことはふっきれて夏向に気持ちがかなり
 傾いてるように見えます。
 だからもう千秋、もう今さらかまってこないで!
 楓もいるんだし!!!



桐谷美玲  山崎賢人  三浦翔平  野村周平  大原櫻子 
浜野謙太  佐野ひなこ  飯豊まりえ  菜々緒  吉田鋼太郎


2016.08.30 Tuesday 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ39号感想 | main | 家売るオンナ 第8話 >>