<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

営業部長 吉良奈津子 第10話(最終話)

第10話(最終話)



 「シティドリンク」のコンペ当日、臨時の役員会が開かれ、
そこで東邦広告の合併が決定するという情報に困惑する
吉良奈津子(松嶋菜々子)。そんな奈津子はついに
小山浩太郎(原田泰造)と向き合うことに。気まずい雰囲気が
漂うなか、浩太郎は坂部深雪(伊藤歩)との件を説明すると、
ごめんと言って頭を下げた。それを聞いた奈津子は、
きっぱり忘れて前を向こうとは思えない、と心情を吐露。
さらに、浩太郎が予想もしなかったことを告げた。
 別の日、出社した奈津子は、斎藤良一(石丸幹二)の元へ
出向き、営業開発部がコンペに勝ちノルマを達成したら、
廃部撤回を社長に進言するという約束を守ってくれ、
と念を押す。斎藤は、すべては取締役会で決まることだから、
直接そこに乗り込んで社長に直談判したらどうだ、
と揶揄(やゆ)するように言う。
 困った奈津子は、高木啓介(松田龍平)を訪ね、コンペで
戦いを挑むより、部員たちの再就職先を探すのが部長としての
自分の仕事なのかもしれない、と弱気な発言をする。
そんな奈津子に高木は怒りをあらわにする。
 プレゼンが迫るなか、米田利雄(板尾創路)、川原義雄(岡田義徳)、
今西朋美(中村アン)ら営業開発部員は、一丸となって
準備に奔走していた。そんな部員たちを見た奈津子は…。






 ドラマとはいえ見事な大逆転。
 コンペには勝って部は存続までは想像できたけど
 斉藤常務が味方だったとぉ〜?!

 会社の不正を吉良なら暴くかもと見込んで
 営業開発部の部長にさせ、会社合併の動議の会議の席で
 不正を暴き社長の解任要求を通してしまうとは。
 ギリッギリまで(勝利の確信が9割持てるまで)は
 言いだしそうにみえなかったけどほんとにいい人なの?

 一度は辞表を出したけど、部下たちの熱烈ラブコールと
 (高木の作った映像もラブレターのようなもの)
 夫の理解もあってワーキングマザー続行。
 姑はすっかりいい人だしね。

 お騒がせシッターは花屋に転職しちゃって
 この人もほんとはいい人路線・・?
 あの最初の頃の黒さはなんだったの。
 いまだに手作り弁当をホームレス事件の印象が
 大きすぎてあの人だけは信用できない。
 それなら最初から、仕事に忙しすぎる妻に不満で
 そのへんの可愛い子と衝動で浮気したとかで
 よかったんでは・・。

 高木の吉良への憧れ(とたぶん愛情のようなもの)は
 吉良には伝わらず、でしたがそのほうが平和でいいか。
 
 
 
 




松嶋菜々子  松田龍平  DAIGO  岡田義徳  中村アン  足立梨花 
白洲迅  高木渉  ・  伊藤歩  板尾創路  ・  松原智恵子  石丸幹二 
原田泰造  


2016.09.23 Friday 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< orange 第12話 | main | 宇宙兄弟 29巻 >>