<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

カインとアベル 第1話

第1話



「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーが
行われている。しかし、その席に高田優(山田涼介)の姿がない。
優は、社長の貴行(高嶋政伸)の次男。優の兄で、副社長の
隆一(桐谷健太)が探しに行く。 優は貴行の会社で働いている。
だが、できる兄の隆一と何かと比較され、他の社員たちからも
冷ややかな目で見られる存在だ。 優自身もわかっている。
だから、この日も、1人で飲もうとしていた。優がシャンパンの
栓を開けると、ある女性にかかってしまう。慌てて謝る優。
その女性と飲んでいると、優は社員に発見され会場に
連れ戻された。 貴行のスピーチの間も、優は隆一と
比較されてばかりいた幼少期を思っていた。貴行の期待は
隆一に集中。会社の重要な案件に優が意見を求められることは
一切ない。 優は担当している土地の買い上げを地主が
やめようとしていることを知る。地主に会いに行くが、
取り付く島もない。だが、地主が売ることにしたと連絡してくる。
裏で兄の隆一が動いた様子だった。
そんな優がアウトレットモール開発のプロジェクトチームの
一員に選ばれた。これも隆一の一声があったから。
プロジェクトルームに行くと、パーティーの時に会った
女性がいる。彼女は、矢作梓(倉科カナ)。
優と同じく高田総合地所の社員だった。
梓は、チームのメンバーとして消極的な優を励ます。
優は慣れないながらも、大きなプロジェクトに
取り組むことになってしまう。






幼い頃からこれだけ差別されて
 期待もされずにきてよくグレずに
 育ったものだと。同じ会社に入らずに
 全然別の道にいけばよかったのに。
 
 兄のように有能じゃないと思われながら
 その誠実な仕事ぶりが相手に認められ 
 これからどんどん頭角をあらわして
 兄が嫉妬・・という展開?
 どっちにしても後継者はもう自分って
 決まってるんだし、強力な味方ができたくらいに
 思えばいいのにそう簡単にはいかないのか。

 優がなんとなく気になる存在の梓は
 兄とつきあっていて、恋愛面でもドロドロに?
 優のこと好きなひかりもダークサイドに
 落ちませんように・・。

お仕事パートはなんとなくいい話なのか
 愛憎ドロドロ劇は今からなのか
 どうも中途半端なかんじがした
 初回でした。


 
2016.10.18 Tuesday 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< キャリア〜掟破りの警察署長〜 第2話 | main | ジャンプ46号感想 >>