<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

カインとアベル 第3話

 第3話



高田優(山田涼介)は、兄の隆一(桐谷健太)と父の貴行
(高嶋政伸)から食事に誘われた。そこには、矢作梓
(倉科カナ)もいて、隆一の恋人で近々結婚すると知らされた。
少なからず梓に好意を抱いていた優はショックを受けるが、
表情には出さず明るく振る舞う。幼い頃のエピソードを持ち出し、
隆一を褒めあげた。
優のプロジェクトチームは団衛(木下ほうか)からアウトレットモール
建設のゼネコン選定に入ることを知らされる。バンコクの都市開発
参入の危機を乗り越えた隆一は、役員たちから次期社長就任も
早まるのではないかとうわさされていた。その夜、隆一と優が
そろうと貴行が話を切り出す。貴行はバンコクの件がこのまま
軌道に乗ることを条件に、来たる株主総会で隆一を社長に
推薦すると告げた。嬉しさを隠せない隆一に、優も賛同する。
プロジェクトチームにアウトレット建設地の地元有力者・
兵頭光一(イッセー尾形)が来た。応対した優、梓、団に兵頭は
地元の建設会社を入札に加えてほしいと言う。しかし、すでに
有力会社の選定を終えているため、優たちはやんわり断った。
その頃、隆一が進めるバンコクの事業に異変が…。
うまく収めたはずの地元企業の債務が新たに発覚。その額は、
莫大なものだった。 一方、優たちのチームには、環境団体の
代表が建設計画を全面的に見直すよう求めて来る。
優と隆一、それぞれの仕事に新たな壁が立ちはだかった…。






最初はもっと弟に冷たい兄かと思っていたけど
普通にいいお兄ちゃんだし、仕事熱心だし
まじめで性格もまずまず
(じゃなきゃあんな仕事できる
女性社員の恋人なんかできないだろうし)で
弟も別にはりあったりしてないのに
自分ひとりでかかえすぎてつぶれていくのを
みてるのがつらい・・。

引き際を見極めることも才能のうちなのかもだけど
まだ副社長なんだから父の期待を裏切るかもと思わず
早めに相談すべきでした。結果的にさらに迷惑
かけることになってるし。

弟が仕事順調なのを妬んだりするような人にも
みえなかったけど・・
闇堕ちしたらそういうことにもなるの?
それだと完全にやつあたり。

兄、失踪してどこへ・・。



2016.11.01 Tuesday 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 3月のライオン 第4話 | main | 逃げるは恥だが役に立つ 第4話 >>