<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

カインとアベル 第8話

第8話



高田総合地所の取締役に就任した高田優(山田涼介)は、
ますます仕事への意欲が増していく。一方、一時は
仕事と家庭のどちらを選ぶかで悩んだ矢作梓(倉科カナ)は、
隆一(桐谷健太)との結婚=家庭を選ぶことを決意。
上司の団衛(木下ほうか)に退社を申し出た。
貴行(高嶋政伸)と優の接近が面白くない隆一は
黒沢幸助(竹中直人)から食事に誘われる。黒沢は
優の台頭に焦りを感じているのではないかと、隆一の
痛いところをストレートに突く。否定できない隆一。しかし、
黒沢は、優は危うさも併せ持っている気がするとも告げた。
隆一が家に帰ると梓がいた。披露宴の進捗が気になる
貴行が呼び出したのだ。そこに優も帰宅。貴行から、
梓が結婚を機に退社すると聞き、優の様子が一変する。
正直な気持ちではないと梓に迫る優。だが、自分から
望んだことだと梓に冷静にたしなめられてしまう。
翌日、梓の決断にいら立つ優は仕事で紛らわせようとするが、
社員としては先輩の安藤充(西村元貴)を怒鳴りつけてしまう。
休憩室で自己嫌悪になる優を慰めたのは、柴田ひかり
(山崎紘菜)だった。 その頃、高田総合地所には地方空港の
開発プロジェクトの件が持ち上がっていた。参入を勧める
優に対して、隆一は慎重な態度を崩さない。だが、優と貴行は
仕事上での親密度を増していき、隆一は2人の会話や考えが
気になって仕方がなくなってくる。そして、隆一の焦燥は
取り返しのつかない方向へと…。






展開が強引というか優が急にかわりすぎ。
弟がどんどん父に認められていくのをみて
兄が病んでしまうのもちょっと強引だし
盗聴器をしかけたのは確かにおかしい行動だけど
そんなの先に家庭内で話せばいいのに
いきなり役員会での解任提案とか。
ここ最近の兄のおかしな行動って
盗聴器以外は特にないでしょ?
秘書に父と優の会話たずねたくらいで。
前に海外のプロジェクトでお金の算段ができず
失踪したときにほうがよっぽどやばかったはず・・。

そんな状態なのに他の役員からも擁護の声もなく
あっさり解任された副社長・・それで二日後に
結婚式っていうのもねえ・・。

梓も優に弱音はいたりなんかするから・・!
それにしても優がかわりすぎなんだけどね。

今はまだ社長の父がもっとしっかりしたらいいのに。





2016.12.06 Tuesday 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 刀剣乱舞-花丸- 第10話「『神無月』本当に大事な思い出」 | main | 逃げるは恥だが役に立つ 第9話 >>