<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

A LIFE〜愛しき人〜 第3話

第3話



精力的に論文を書こうとする深冬(竹内結子)は、
難関といわれる小児外科の指導医の認定を
目指していると沖田(木村拓哉)に語る。
深冬は自分のためにも、病院の跡取り娘としても、
指導医の認定を受ければ役に立つ、と考えていた。
ある日、腹痛を訴える女の子が小児外科を受診する。
他の病院では心因性と診断されたが違うのではないか、
と不安がる母親。深冬は女の子を入院させ
沖田の力を借りて原因を特定、手術をすることを決める。
ところが、前に診察していた医師が学会の
トップの人だったので、虎之介に診察を止められる。
悩み深冬に沖田が驚愕の行動をす



手術が必要な患者がいるのに
小児外科界の重鎮の機嫌を損ねるから
手術ができない、とは・・。
娘のことを思えばこそとはいえ
最初はいい医者っぽかった院長も
あんなことを言うとは。
沖田先生はこんな日本の医学界では
やっていけないでしょ。
オペの腕だけでまわりを黙らせるとしても
そのオペがさせてもらえないんでは。

自分が半人前・0,5だからと
論文かいて指導医にならなきゃ、と
力がはいりすぎてた深冬も
沖田先生のおかげで初心を思い出しました。

目の前の命を救う医者になりたい。

医者たるものそうあるべきですが
いまどきは経営手腕もないと
やっていけないので、副院長が経営し
看板ドクター沖田がいたら最強の布陣だけど
昔からの友だちで名前で呼び合いながらも
二人の間にはみえない壁が・・。
院長がまたよけいなこと言うから。

権力者ににらまれるから深冬に
オペさせないじゃなくて、そもそも
病気を抱えてる人にいつまでさせる気?
夫が知らないだけでもうたびたび
頭痛とか症状でてるのに。
執刀医がそんなんだと不安しかない。

学生時代からの因縁も、6年もたってて
もう子どももいるのにちょっと今さらな
気がするな〜。

敏腕看護師の柴田も何か事情がありそうですが
井川への言葉が必要以上にキツい気がする。



沖田一光…木村拓哉 壇上深冬…竹内結子
井川颯太…松山ケンイチ 柴田由紀…木村文乃
さかき原実梨…菜々緒
壇上虎之介…柄本明 沖田一心…田中泯
真田孝行…小林隆 羽村圭吾…及川光博
壇上壮大…浅野忠信 ほか



2017.01.30 Monday 08:40 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #16(#41)「人として当たり前の」 | main | ジャンプ9号感想 >>









A LIFE〜愛しき人〜 #03
『決断!!患者の未来をかけた戦い』
| ぐ〜たらにっき | 2017/01/30 12:31 PM |