<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

刑事ゆがみ 第5話

第5話



弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、
花道署からの要請で誘拐事件の捜査に
協力する。誘拐されたのは、前花道市長
を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と
婿で市会議員の誠治(丸山智己)の
ひとり娘・真利奈(後藤由依良)。弓神に
協力要請があったのは、誘拐現場に
カタツムリのマークが残されていたから
だった。7年前、花道署管内で起きた
異質な殺人事件に関係する。
事件が異質だったのは、事件内容が
小説に酷似していたためで、小説
「ロイコ」の名前を取って、ロイコ事件と
呼ばれた。ロイコとは「ロイコクロリディウム」
の略で、カタツムリに寄生し、脳まで支配する
寄生虫のこと。「ロイコ」は、主人公が
殺人鬼に寄生されて心を操られ、殺人を
犯していくという物語だった。そして、現場
にはカタツムリのマークが残されていた。
「ロイコ」はベストセラーになったが、実は
犯人は作者の横島不二実だった。横島は
逮捕前に焼身自殺したが、彼を追い詰めたのが
弓神だった。 弓神は、ヒズミ(山本美月)を
麻薬の密売人だと偽り、羽生にマークさせると
単身で宇津巻邸へ。そこで花道署の刑事
・久松(木下ほうか)と合流し「ロイコ」の
発禁運動で先頭に立ったのが、前市長の
宇津巻喜平だと知る。同じころ、テレビを
見ていたヒズミは、誘拐事件の報道で
カタツムリの絵を見た途端に動揺し、
店を飛び出す。そんな中、誘拐犯から、
京子と誠治に身代金を持って
指定の場所に来るよう連絡が入り…。



カタツムリの寄生虫と同じだという
扱いにするにはちょっと気の毒な気が。
夫を支配してきたにせよ夫への
愛情はあったはずだし・・乳がんで
闘病した妻にみせつけるように
わざわざソファーにブラジャーはさむこむ
秘書もキツすぎ。それは夫のせいでも
あるけど。

わざわざカタツムリの絵なんか
描かなかったら弓神がひっぱり
だされなかったのに・・。
でも弓神がいないとしても
いまどきの警察はちゃんと
誘拐事件くらい解決するでしょうけど。
バカなことをしたなと思うけど
バカなことをせずにはいられないくらい
追い詰められちゃったのか、
子どもかわいそう。

ロイコ事件の被害者夫婦の娘が
ヒズミで、ヒズミを助けた男も
妙にあやしかったな。





弓神適当: 浅野忠信 
羽生虎夫: 神木隆之介 
氷川和美(ヒズミ): 山本美月 
多々木挙男: 仁科貴 
町尾守: 橋本淳  
菅能理香: 稲森いずみ 



2017.11.10 Friday 08:43 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 奥様は、取り扱い注意 第6話 | main | このはな綺譚 第六話「 此花亭怪談」 >>









刑事ゆがみ 第5話
羽生(神木隆之介)は、現役の詐欺師(リリー・フランキー)との対面でピュアだと診断されていましたが、弓神(浅野忠信)だけはお手上げだと言われていましたw 弓神と羽生は、市議会議員・宇津巻誠治(丸山智己)・京子(板谷由夏)夫妻の一人娘・真利奈(後藤田由
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/11/10 1:14 PM |