<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

恋は雨上がりのように 第10話 白雨(はくう)

第10話 白雨(はくう)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



『友人としてオススメの本を
教えてもらう』名目で古本市に
やって来たあきらと近藤。しかし
近藤は本に夢中て?あきらを
ほったらかしにしてしまう。
文学に恋をして、追いかけて、
追いかけて、周りの人を傷つけてきた。
そしてまたおんなじことを繰り返している
自分に嫌気がさす近藤。
そんな近藤をまっすぐ見つめるあきら。
そしてその口から出た言葉はーー




本が大好きで、小説家になりたくて
なれなくて、妻には愛想をつかされ離婚。
学生時代、ともに夢をみた親友は
夢をかなえて文学と相思相愛・・
自分はしがないファミレスの店長。
ふとたちどまってみたらどこまでも
落ち込んでしまいそうな状況で
自分に好意を持ってくれるかわいい
女子高生が、キラキラとした目で
店長の書くものをきっと好きです、と
言ってくれるだけでどれほどの
力になることか。

本に夢中で忘れられても
メールでつながるところに
店長がいて、友達ですと言えるだけで
嬉しいあきらがこのままずっと
変わらずにそばにいてくれたらいいけど。

でも店長の半分でいいから
友達のことも気にかけてあげて・・。






2018.03.16 Friday 11:24 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 隣の家族は青く見える 第9話 | main | アンナチュラル 第10話(最終話)「旅の終わり」 >>









恋は雨上がりのように 第10話 『白雨』
部屋の明かりを消し、ひとり月を見ている橘あきら。 先週の喜屋武はるかとの喧嘩をひきづっての事なの? 近藤店長を誘い古本市でデート? ここは、横浜の赤レンガ倉庫ですね。 本に没頭すると周りの声が 聞こえなくなるのは、それほど集中して
| 奥深くの密林 | 2018/03/16 8:28 PM |