<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

恋は雨上がりのように 第11話 叢雨(そうう)

第11話 叢雨(そうう)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



深まる秋、陸上部ではあきらと同じ
怪我をしたにも関わらず復帰した
他校の選手の話題で持ちきりになっていた。
そんな日の帰り道、雨宿りをする
はるかの前をあきらが通り過ぎる。
話しかけようとするがタイミングが合わず、
ついにはるかはあきらにある事を告げる為、
思い切った行動に出る。
一方、急にアパートにやって来たちひろと
語り合った近藤は、己の中にある小説への
想いの正体を掴み始めていた。
あきらと近藤。まだぬかるんだままの
道へと一歩踏み出すのはーー。




あきらにまた陸上をしてほしいはるかが
バイト先まできてくれたけど、あきらは
その気はなく、シフトをさらに増やすつもり。
忘れ物をしたお客さんを走って追いかける
ことができないあきら・・でも、まだ空を
みあげるツバメのように、陸上への想いは
残っているはず。
店長もそう思ってるからこそ心配しているのに
大好きな店長にすら声をあらげるほど
あきらの中ではもやもやとしたものが
残ったままなんだろうな。

店長はこの間、久々に再会した
親友とまるで学生時代に戻ったかのよう。
その執着がいつか実を結んでくれたら
いいのに・・。





2018.03.23 Friday 17:00 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 隣の家族は青く見える 第10話(最終話) | main | ハクメイとミコチ #11「夜越しの汽車 と 雨とテンカラ」 >>









恋は雨上がりのように 第11話 『叢雨』
橘あきらに陸上部に復帰しても会いたいと思っている 喜屋武はるか。しかし、橘あきらはアルバイトや恋に夢中。 同じ体験をした板からと言って、感じ方は人それぞれ。 だから、橘あきらが陸上部に復帰しなくても それは、橘あきらの選んだ道。
| 奥深くの密林 | 2018/03/23 9:39 PM |