<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

同居人はひざ、時々、頭のうえ。第3話「君に触れる」

[ アニメ ]
第3話「君に触れる」



素晴と担当編集・河瀬は朏家で
打ち合わせをすることになった。
猫好きの河瀬はハルに初めて出会い、
追い掛け回したりと興奮が収まらない。
一方ハルはこの頃、何もない方を
ジッと見つめたり、急にジャンプしたりと
意味不明な行動ばかり……。おまけに、
長い間立ち入っていなかった素晴の
両親の部屋を荒らし、ホコリまみれに
なる始末……。
ウンザリする素晴であったが、
その部屋の中から“アルバム”を見つける。





外にでるより家で本を読んでいたい素晴は
両親が生きていたころから、人に交わることも
あまり好きではないし、家族旅行にも参加しない。
でも何度ことわっても、こりずに誘ってくる母。

ハルが暴れたおかげでみつけたアルバムには
本好きの息子のために、息子がみたら
喜びそうな好きな小説家関連の場所とか
息子が好きな小説にでてくる景色とか
素晴といっしょに行きたい場所の写真と
母のメモがはってあって、今さらながらに
両親の想いを知って涙。

両親がどんな気持ちで
誘ってくれているのかも知らずに、
そっけなくことわり、結局いつものように
両親だけででかけた旅行でのバス事故。
あのとき自分がとめていたら・・しても
しきれぬ後悔。

泣いている素晴をなぐさめてくれたのは
ハルで、おそらくはじめてハルに
あったかい気持ちを抱いたような
そしてやさしくなでてくれる素晴に
ハルもまんざらでもない。

ハルにみえていた素晴のそばにみえる
けむりのようなものは、素晴の両親の霊でした。
素晴のそばにいてまもってくれるハルに
ありがとうといって消えていくふたりは
ハルがいてくれて本当に安心だろうな。

人の気持ちを考えないのは自分も同じだった
と気づいた素晴。
今からでも全然遅くない。

河瀬さんが、連絡がとれない自分を心配して
急いでやってきてくれたことにも
ちゃんと気づくし、接し方もやさしい。

ハルも河瀬さんのこの猫愛に
こたえてあげて。






2019.01.24 Thursday 13:26 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 家売るオンナの逆襲 第3話 | main | おしらせ >>
cherry (2019/01/28 7:36 AM)
素敵なアニメですね。

毎回見終わると心をほっこりさせてくれます。
絵柄も優しくて好きです。
オープニングの明るさも良いですが、
エンディングの温かさも癒されます。

触ったことなかったんだぁ〜と驚きましたが、
確かに今まで触れる場面なかったですもんね…。

アルバム、ほろりとしました…。
お父さんとお母さんの想い。
きっと天国でも優しく見守ってくれるはずです。
河瀬さんのような優しい人もそばにいてくれる。
たくさん後悔したでしょうけれど、
ちゃんと知ることができて良かったと思います。
ハルがいてくれたからこそ気づけたのかも。

頭を撫でる場面は素晴とハルの表情が
印象的で素敵でしたし、素晴を元気付けようと
頰を舐めるシーンも可愛かったなぁ。

少しずつ距離が縮まって、
家族になっていくさまが心地よいです。
『約束のネバーランド』と並んで楽しみです。
honey (2019/01/28 8:40 AM)
cherryさん、こんにちは。

素晴とハルの両方からの目線で描かれるのが
いいですよね。お互いいっしょに暮らすことにも
まだ慣れてなくて、なかなか意思疎通もはかれて
いないところが、だんだん通じるように
なっていくのかな。

お母さんの息子に対する愛情があのアルバムを
みただけでも伝わってきますよね。
お母さんはいつも笑顔で、素晴をせめるような
こともしなかったし。

ほっこり癒されます。









同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第3話
大翔(CV:堀江瞬)は偏屈な友人・素晴(CV:小野賢章)が元気そうにやっているのを見ていましたが、仕事に遅れそうになりダッシュしていました。 一方、室内の素晴は、何もないのに飛んだり跳ねたりするハル(CV:山崎はるか))の行動が理解できません。 とうと
| ぷち丸くんの日常日記 | 2019/01/25 9:45 AM |